経営資源引継ぎ・事業再編支援事業

2020/06/25 13:06 更新

経済産業省
新型コロナ事業者向け中小企業向け給付・助成経済産業省中小企業庁資金繰り(もらう)

概要

中小企業の貴重な経営資源や、雇用・技術を次世代へ引き継ぎ、地域のサプライチェーンを維持するため、新型コロナウイルスの影響を受けている後継者不在事業者の経営資源引継ぎや事業再編を後押しする支援が実施されます。

支援内容

<経営資源引継ぎ補助金>
第三者承継時に負担となる、士業専門家の活用に係る費用(仲介手数料・デューデリジェンス費用、企業概要書作成費用等)および、経営資源の一部を引き継ぐ際の譲渡側の廃業費用の補助が受けられます。
・補助上限額:買い手200万円、売り手650万円
・補助率:3分の2
<「プッシュ型」の第三者承継支援>
新型コロナウイルスの影響を受け、事業引継ぎ支援センターへ相談に来ることが困難な事業者や、第三者承継に関心のある者に対するM&A出張相談等を通じた、「プッシュ型」の第三者承継支援が実施されています。
<中小企業経営力強化支援ファンド>
新型コロナウイルスの影響により業況が悪化した、地域の核となる事業者が倒産・廃業することがないよう、官民連携の新たな全国ファンドを創設し、再生と第三者承継の両面から支援が受けられます(事業引継ぎ支援センターとも連携し、経営力の強化とその後の成長が全面サポートされます)。

対象者

新型コロナウイルスの影響を受けている後継者不在事業者

利用・申請方法

詳しくは中小企業庁へお問い合わせください。

お問い合わせ

<中小企業庁事業環境部財務課>
電話番号:03-3501-5803

手続きなど詳しくは

以下のページをご覧ください。

https://seido-navi.mirasapo-plus.go.jp/supports/323

この支援情報をシェア