医療施設施設・設備整備費補助事業

2020/06/01 10:24 更新

東京都
新型コロナ補助金東京都医療の確保・整備に関すること

概要

新型コロナウイルス感染症患者等に対し適切な医療を提供するための体制を確保するため、医療機関または地区医師会等が設置する地域外来・検査センターが新たに機器等を整備する費用を補助します。

支援内容

医療機関または地区医師会等が設置する地域外来・検査センターが新たに機器等を整備することに要する経費を補助します。(補助率10分の10)

<補助基準額>
1.入院施設の新設、増設に伴う初度設備を購入するために必要な需用品(消耗品)および備品購入費:13万3,000円(1床あたり)
2.HEPA フィルター付空気清浄機(陰圧対応可能なものに限る。):90万5,000円/施設
3.HEPA フィルター付パーティション:20万5,000円(1台あたり)
4.人工呼吸器および付帯する備品:500万円(1台あたり)
5.個人防護具:3,600円(1人あたり)
6.簡易陰圧装置:432万円(1床あたり)
7.簡易ベッド:5万1,400円(1台あたり)
8.体外式膜型人工肺:2,100万円(1台あたり)
9.簡易診察室および付帯する備品:実費額
10.簡易病室および付帯する備品:実費額
11.設置に係る工事費または工事請負費:実費額

対象者

新型コロナウイルス感染症患者等の診療または治療等を行う「外来診療体制等確保支援事業」および「重症患者等受入体制確保支援事業」の事業の対象施設

利用・申請方法

最初に、「東京都新型コロナウイルス感染症医療提供体制緊急整備事業各種補助金申請意向調査票」をメール、ファックス等でお送りください。
意向調査にご回答いただいた事業者様に、各種申請様式、今後の事務手続き等の流れについて、別途ご案内いたします。

お問い合わせ

福祉保健局 健康安全部 感染症対策課 感染症医療整備担当
電話:03-5320-4347
ファックス:03-5388-1432
メール:S0000312(at)section.metro.tokyo.jp
※(at)は@に置き換えてください。

手続きなど詳しくは

以下のページをご覧ください。

https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/iryo/kansen/shinkorokinkyuuseibi.html

この支援情報をシェア