休業や労働時間変更への対応

2020/05/21 21:45 更新

厚生労働省
新型コロナ厚生労働省全ての事業者向け行政からのお知らせ事業者向け雇用・従業員に関すること

概要

新型コロナウイルス感染症に関連して、下記のような、労働者を休ませる場合の措置や労働時間の考え方についてのQ&Aを厚生労働省でまとめています。
<感染防止に向けた柔軟な働き方>
・テレワークの導入
・時差出勤の導入 など
<労働者を休ませる場合に講ずべき措置(休業手当、特別休暇など)>
・感染した方の休業や発熱などがある方の自主休業の手当
・年次休暇と病気休暇の取り扱い
・パートタイム/外国人等への適用 など
<労働時間の減少や増加への対応(変形労働時間制、36協定の特別条項など)>
・変形労働時間制の導入や変更、解約
・36協定の特別条項
・労働基準法第33条の適用 など

<お問合せ>
厚生労働省
電話:03‐5253‐1111(代表)
※詳しくは、「新型コロナウイルスに関するQ&A(企業の方向け)」(厚生労働省サイト)をご覧ください。

手続きなど詳しくは

以下のページをご覧ください。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00007.html

この支援情報をシェア