「学びの継続」のための『学生支援緊急給付金』

2020/10/13 13:39 更新

文部科学省
新型コロナ個人向け文部科学省給付・助成授業料に関すること

概要

家庭から自立している学生について、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、アルバイト収入が大幅に減ってしまった結果、学びの継続が困難になっている方を支援するために給付金を支給します。

支援内容

新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、大学などでの修学の継続が困難になっている学生(留学生を含む)に対して、次の金額を支給します。
・住民税非課税世帯の学生:20万円
・それ以外の学生:10万円

<対象となる教育機関>
・国内の大学(専攻科、別科および大学院を含む)
・短期大学(専攻科、別科を含む))
・高等専門学校の第4学年・第5学年および専攻科
・専修学校の専門課程(専門学校)
・法務省が告示で定める日本語教育機関

対象者

次の要件を満たしたうえで、在籍する学校が、経済的理由により修学の継続が困難であると認める学生
1.家庭から自立してアルバイト収入で学費を賄っている
2.新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、収入が大幅に減少している
3.既存の修学支援制度(民間等による支援制度も含む)を利用していること、または利用申請を行う予定であること
※対象要件について詳しくはWebサイトをご確認ください。

利用・申請方法

在籍する学校の審査を経て、推薦が終わり次第、日本学生支援機構(JASSO)より、学生本人の口座に振り込まれます。
※詳しくは在籍する学校にお問い合わせください。

お問い合わせ

詳しくは在学する学校にお問い合わせください。

手続きなど詳しくは

以下のページをご覧ください。

https://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/hutankeigen/mext_00686.html

この支援情報をシェア