生乳を乳製品に仕向けることで生じる価格差等を支援します

2020/10/12 14:18 更新

農林水産省
農林水産業向け給付・助成農林水産省事業者向け新型コロナ学校給食に関すること

概要

酪農家が学校給食用のために納入を予定していた生乳をバター・脱脂粉乳等の乳製品向けに販売する場合に、既存の加工原料乳生産者補給金を活用してもなお生じる価格差および加工施設への輸送費について支援が受けられます。

支援内容

・新型コロナウイルス感染拡大防止のための臨時休校要請に従って、学校が休校し、給食が停止されたことにより、キャンセルされた学校給食用牛乳向け生乳を長期間保存可能な脱脂粉乳等の用途に仕向け変更した場合に生産者に生じる乳代価格差への支援等
・脱脂粉乳等の国内在庫が高い水準で推移していることから、学校給食用牛乳向け生乳を円滑に脱脂粉乳等へ仕向け変更を行うため、需要のある飼料用へ用途変更した場合に乳業者に生じる販売価格差への支援等
※詳しくは農林水産省Webサイト等でご確認ください。

対象者

新型コロナウイルス感染症で影響を受ける酪農家

利用・申請方法

詳しくは農林水産省Webサイト等でご確認ください。

お問い合わせ

<生産局畜産部牛乳乳製品課>
・電話番号(代表):03-3502-8111(内線4932)
・電話番号(ダイヤルイン):03-3502-5987
・ファックス:03-3506-9578

手続きなど詳しくは

以下のページをご覧ください。

https://www.maff.go.jp/j/chikusan/gyunyu/lin/dairyinfo_corona.html

この支援情報をシェア