文化芸術活動の継続支援事業

2020/10/12 14:49 更新

文化庁
新型コロナ補助金その他・個人事業主向け文化庁資金繰り(もらう)

概要

国内で活動する文化芸術関係者が、活動の再開・継続に向けた積極的な取組に要する費用の補助を受けられます。
さらに上記の取組とあわせて、業種ごとの新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドラインに基づいた感染拡大防止の取組を行う場合には、当該取組に要する費用の補助を受けられます。

支援内容

1.活動の再開・継続に向けた積極的な取組に要する費用の3分の2、または3分の4の補助が受けられます(上限100万円)。
2.業種ごとの新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドラインに基づいた感染拡大防止の取組に要する費用のうち次のとおり補助が受けられます。
<標準的な取組を行う個人事業者>
上限20万円
<より積極的な取組を行う個人事業者>
上限150万円
<小規模団体>
上限150万円
<小規模団体・個人事業者の共同申請>
上限1,500万円(10者の場合)
※詳しくは⽂化芸術活動の継続⽀援事業の募集案内でご確認ください。

対象者

過去3年間で複数回の文化芸術活動を行う個人または文化芸術団体
<個人>
フリーランスを含む個人事業者で、不特定多数の観客に対し対価を得て公演・展示等を行う者および当該公演・展示等の政策に携わっている方(常時雇用による収入のみを得ている方を除く)
<文化芸術団体>
次のいずれかに当てはまる常時使用する常勤の従業員数がおおむね20人以下である団体
・法人格を有する団体(一般社団法人、公益社団法人、一般財団法人、公益財団法人、会社および会社に準ずる営利法人、特定非営利活動法人)
・法人格を有しないが、令和2年6月1日現在、団体設立後1年以上の文化芸術活動実績を有するとともに、定款もしくは定款に類する規約を有していること
<施設の設置・管理を行う方>
次に当てはまる文化施設の感染症防止対策事業の対象以外であること
・100席以上のホールを有する劇場・音楽堂等
・1日あたり50人以上の来場者、年間100日以上の開館日数を有する博物館

利用・申請方法

補助金申請システム等による電子申請によって受け付けています。

お問い合わせ

<令和2年度「文化芸術活動の継続支援事業」事務局>
・電話番号:0120-620-147
・受付時間:10時30分から17時

受付期間

<第1次募集> 2020年7月10日 <第2次募集> 2020年8月8日 <第3次募集> 2020年9月12日から<第1次募集> 2020年7月31日 <第2次募集> 2020年8月28日 <第3次募集> 2020年9月30日まで

手続きなど詳しくは

以下のページをご覧ください。

https://keizokushien.ntj.jac.go.jp/

この支援情報をシェア