期限付酒類小売業免許について

2020/05/21 11:27 更新

国税庁
新型コロナその他・個人事業主向け国税庁事業者向け税・年金・保険

概要

新型コロナウイルス感染症の影響により、酒類のテイクアウト販売を速やかに行いたい飲食店は「期限付酒類小売業免許」を申請することにより、速やかに販売業免許を受けることが可能です。酒類の販売業をしようとする場合には、酒税法に基づき、販売場ごとにその販売場の所在地の所轄税務署長から販売業免許を受ける必要がありますので、各地域の税務署(酒類指導官設置署等)へご相談ください。

手続きなど詳しくは

以下のページをご覧ください。

https://www.nta.go.jp/taxes/sake/kansensho/index.htm

この支援情報をシェア