ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金(一般型・グローバル展開型)

2022/04/21 12:03 更新

経済産業省
中小企業向け補助金経済産業省事業者向け新型コロナ資金繰り(もらう)

概要

中小企業・小規模事業者等が今後複数年にわたり相次いで直面する制度変更(働き方改革や被用者保険の適用拡大、賃上げ、インボイス導入等)等に対応するため、中小企業・小規模事業者等が取り組む革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を行い生産性を向上させるための設備投資等を支援します。

支援内容

◯一般型
1.通常枠
<補助金額>
・従業員数5人以下:100万円から750万円
・従業員数6人から20人:100万円から1,000万円
・従業員数21人以上:100万円から1,250万円
<補助率>
・中小企業者:2分の1
・小規模企業者・小規模事業者:3分の2
・再生事業者:3分の2
※単価50万円(税抜き)以上の設備投資が必要
<補助対象経費>
・機械装置・システム構築費、技術導入費、専門家経費、運搬費、クラウドサービス利用費、原材料費、外注費、知的財産権等関連経費

2.回復型賃上げ・雇用拡大枠
3.デジタル枠
<補助金額>
・従業員数5人以下:100万円から750万円
・従業員数6人から20人:100万円から1,000万円
・従業員数21人以上:100万円から1,250万円
<補助率>
・3分の2
※単価50万円(税抜き)以上の設備投資が必要
<補助対象経費>
・機械装置・システム構築費、技術導入費、専門家経費、運搬費、クラウドサービス利用費、原材料費、外注費、知的財産権等関連経費

4.グリーン枠
<補助金額>
・従業員数5人以下:100万円から1,000万円
・従業員数6人から20人:100万円から1,500万円
・従業員数21人以上:100万円から2,000万円
<補助率>
・3分の2
※単価50万円(税抜き)以上の設備投資が必要
<補助対象経費>
・機械装置・システム構築費、技術導入費、専門家経費、運搬費、クラウドサービス利用費、原材料費、外注費、知的財産権等関連経費

◯グローバル展開型
<補助金額>
1,000万円から3,000万円
<補助率>
・中小企業者:2分の1
・小規模企業者・小規模事業者:3分の2
※単価50万円(税抜き)以上の設備投資が必要
<補助対象経費>
機械装置・システム構築費、技術導入費、専門家経費、運搬費、クラウドサービス利用費、原材料費、外注費、知的財産権等関連経費、海外旅費

対象者

◯一般型
1.通常枠
「革新的な製品・サービス開発」または「生産プロセス・サービス提供方法の改善」に必要な設備・システム投資等を行う中小企業者等

2.回復型賃上げ・雇用拡大枠
業績が厳しい中(※)、賃上げ・雇用拡大に取り組み、「革新的な製品・サービス開発」または「生産プロセス・サービス提供方法の改善」に必要な設備・システム投資等を行う中小企業者等
※応募締切時点の前年度の事業年度の課税所得がゼロであり、常時使用する従業員がいる事業者に限ります。

3.デジタル枠
「DX(デジタルトランスフォーメーション)に資する革新的な製品・サービス開発」または「デジタル技術を活用した生産プロセス・サービス提供方法の改善による生産性向上」に必要な設備・システム投資等を行う中小企業者等

4.グリーン枠
「温室効果ガスの排出削減に資する革新的な製品・サービス開発」または「炭素生産性向上を伴う生産プロセス・サービス提供方法の改善による生産性向上」に必要な設備・システム投資等を行う中小企業者等

◯グローバル展開型
海外事業の拡大・強化等を目的とした「革新的な製品・サービス開発」または「生産プロセス・サービス提供方法の改善」に必要な設備・システム投資等を行う中小企業者等
※「海外直接投資」「海外市場開拓」「インバウンド市場開拓」「海外事業者との共同事業」のいずれかに合致する場合に限ります。

利用・申請方法

申請は、電子申請システムでのみ受け付けます。
※申請にあたっては、事前にGビズIDプライムアカウントの取得が必要です。未取得の方は、必ず事前に利用登録を行ってください。

お問い合わせ

<ものづくり補助金事務局サポートセンター>
・電話番号:050-8880-4053
・受付時間:10時から17時(土日・祝日、年末年始を除く)

受付期間

<10次締切分> 2022年3月15日17時から2022年5月11日17時まで

手続きなど詳しくは

以下のページをご覧ください。

https://portal.monodukuri-hojo.jp/index.html

この支援情報をシェア